英語リスニングの極意

教養

『英語の聞き取り方の極意』を教えます。英語にかかわらず、外国語を聞き取れるようになりたい人はぜひ知っておくべきことをこれから説明します。
英語圏に滞在している人はなんとなくわかっていることですが、この記事では英語が聞き取れない理由を明確にして、聞き取るための方法を解説します。

ゆり子とくまちゃんが『英語の聞き取り方の極意』を動画で説明します。


YouTube動画の方がいいという方は動画で見てくださいね。くまちゃんが可愛いです。

『脳の使い方』後編動画『英語の聞き取り方の極意』

英語の聞き取り方

脳の使い方を知ることで英語を聞き取れるようなります、正確には思考のコントロールをすることで英語が聞き取れるようになります。
英語は小学校低学年くらいまでなら自然に聞き取れるようになりますが、日本語の言語野が発達してきている小学校高学年くらいからは、聞き取り方に工夫が必要です。
※工夫とは思考のコントロールのことです。
日本では義務教育の科目に英語があり、非常にたくさんの人達が英語を聞き取れずに苦労しています。英語教材の音声が、昨日は聞き取れたのに今日は全く聞き取れない。ということがあると思いますが、多くの人は、きっと今日は疲れていて集中力がないから聞き取れないのだと考えます。でも、それは全然違います。英語は疲れていて集中力がなくても聞き取れるのですから。

英語が聞き取れない理由

聞こえてくる英語を理解できないのには理由があります。それについて、脳の仕組みを通して説明します。
通常、日本人は日本語で思考しています。
日本語で思考してるってどういう状態なのかというと、何か物事を考えるとき独り言のような声が頭の中で聞こえると思います。
それが思考です。その独り言が日本語であれば日本語で思考してるということです。

その独り言が英語だったら、英語で思考してるってことです。

日本人は日本語で思考しています。
そのとき脳は耳から聞こえる日本語を認識しやすいように、自動的にフィルターをかけるのです。
そのフィルターが何をしているかというと、耳から聞こえてくる日本語以外の音は言語であっても雑音として処理されます。
その結果、日本語は聞き取りやすくなりますが、英語は雑音として処理されるため聞き取れません。

英語を聞きとる方法

英語を聞き取りたい場合は、日本語のフィルターを取り除く必要があります。
日本語フィルターを取り除くには2つの方法があります

  • 日本語での思考を停止する。
  • 英語で思考する。

思考を止める方法


意識を100%今に集中して思考活動を遮断します。
頭の中の独り言を意識的にやめることです。
今まで、絶え間なく続けてきたことを停止することは難しいですけど。

ちなみに、同じ理由で英語で思考しているときは日本語は聞き取れなくなります。
英語で考えているときに、不意に日本語で話しかけられると
音は聞こえていても意味が分からず失語症になったかと焦ったりします。

日本にいる場合、友人や家族と日本語で会話することが多いため、日本語で思考する状態になっていて英語が聞き取りづらくなります。

英語圏で生活していても日本人と一緒に行動したりしていると、英語の上達は遅くなるかもしれません。
私の場合は、周りに日本人がいなかったこともあり英語で思考する状態になりやすかったと思います。
そして、英語圏で生活して一ヶ月もしないうちに英語で夢を見るようになりました。
なぜかわかりませんけど、夢の中の私は実際の自分よりも流暢に英語を話すんですよね (^_^;)。

英語圏で暮らしている日本人あるある


英語圏で暮らしているときによく聞く、日本人あるあるですが、一度日本に帰国してまた英語圏に戻ってくると1週間くらい英語が聞き取れない状態になって、また聞き取れるようになるっていうのがあります。日本に帰ることで日本語で思考する癖が戻ってしまうからなんですね。

また、日本の英語教育の弊害で、英語を聞いたときに頭の中で日本語に翻訳して理解しようとする悪い癖も復活してしまいます。
日本語に翻訳しているときは日本語で思考しているため、英語が聞き取れなくなります。

英語の勉強で気を付けること

リスニングの勉強でアメリカの映画を見ることがあると思います。日本語字幕があるので、つい字幕を読んでしまいます。でもその間は日本語で思考してしまうので、英語の音声は聞き取れなくなってしまいます。日本語字幕を消すか、英語字幕に切替えたほうがいいですね。

意味が分からない単語やフレーズが出てきた場合


実際の英会話でも意味を知らない単語は頻繁にでてきます、わからない単語がでてきてもそれに引っかからずに最後まで文を聞くようにしましょう。
そして前後の流れから多分こういう意味だろうなって推測する能力を身につけてください。

それから、友人との会話であれば、わからない単語の意味は教えてもらえばいいですけど、その時、完璧な答えを期待しないほうがいいです。
なぜかというと言葉の説明って一般の人には非常に難しいんです。例えば、外国人があなたに、『行く』ってどういう意味?
と聞いてきたときにすぐに日本語で説明できますか?もしかしたら『GO』と同じ意味です、と答えるかもしれませんが、日本語での説明を期待している人や、英語を話さない外国人にはがっかりな答えです。『向こうへ移動する』とか『 目的地へ向かって進む』ってすぐに言えるといいんですけど、難しいですよね。

英語って日本語に翻訳しなくても理解できるの?


単語や前置詞、イディオムに対してネイティブスピーカーが持っているイメージを知ることです。そうすれば、日本語に翻訳しなくても意味が分かるようになります。
通訳や翻訳家でないのであれば、日本語に翻訳する必要はないし、頭の中で日本語に翻訳することを続けているかぎりは絶対に英語は話せるようにはなりません。
まあ、英語を日本語に翻訳する授業を基本としている日本では、英語を話せるようになる人は非常に少ないですけどね。
将来、英語圏で生活するのであれば英語で思考して英語で会話することをお勧めします。英語を日本語に翻訳せずに意味をそのまま理解してください。

英語のイメージを身につける方法

『いつのまにか身につく、イメージ英語革命』という本が、私の激推しです。

あとは、『英英辞書』がおすすめです。普段から『英英辞書』を読んでいると、知りたい単語をやさしい言葉で表現するのには、こういうふうに、説明するんだととても参考になるうえネイティブスピーカーと同様の言葉に対するイメージが身につきます。

それでは、今回のまとめです。

英語は日本語で思考している状態では聞き取れないってことです。

英語を聞くときの極意

  • 日本語での思考を停止して日本語のフィルターを解除する。
  • 聞こえてきた英語を日本語に翻訳する癖をやめる。
  • 聞こえてきた英語は英語のまま理解する。

です。

日本語で思考するときと、英語で思考するときで人は性格が変わります。日本にいるときは内気だった人が、英語圏にいて英語で話すときは外交的で積極的な性格に変わったりします。思考する言語がかわると性格に変化があるのは面白いですね。
さあ、あなたも英語圏へLet’s go!…でも、日本に戻ると元の性格に戻るので安心してください。。。

おわりんこ・・・

おすすめ記事