超簡単!!!悟りの開き方

教養

『脳の使い方』については、車輪の再発明をしている人がなんと多いことか。
『脳の使い方』を知っていると、確実にあなたのこれからの人生がより良くなります。悟りの開き方は『脳の使い方』と非常に密接な関係があります。

悟りの開き方ですが、皆さんは、厳しい修行の上で手に入れるものだと思っているのではないでしょうか、でも、そんなことはありません。どんなことでも先人が達成したことには方法論があり、それを知ることで同等の成果を得られます。わざわざゼロから修行をして身につける必要はありません。すでに、悟りを開いている人から悟りの本質を教えてもらえばいいのです。宗教的に考えると複雑で曖昧な方が神秘的です、ですが悟りを開くことの本質は非常にシンプルで明確です。

ゆり子とくまちゃんが『悟りの開き方』を動画で説明します。


YouTube動画の方がいいという方は動画で見てくださいね。くまちゃんが可愛いです。

『脳の使い方』前編 実はとっても簡単な『悟りの開き方』

悟りを開くとは

まず、悟りを開くとはどういうことか説明します。悟りを開くというと仏教的な厳しい修行を経てたどり着く境地のイメージがあると思います。
悟りの開くとどうなるのでしょうか。
悟りの開くと心の迷いがなくなり、真理を理解できるようになります。
また、煩悩がなくなり物事に執着する気持ちがない状態になります。
この説明だけだとわかりにくいですよね、煩悩って良く聞くけど具体的にはどういう意味か説明します。
仏教的には、たくさんの種類の煩悩がありますが、ここでは簡単に将来の不安、成功している友人への妬み、過去の失敗による後悔等と理解してください。

悟りを開く方法

悟りの開くには、本当の自分が何かを知る必要があります。
本当の自分とは自分の意識のことで、自分の思考とは別物だと認識し理解する必要があります。

では、自分の思考とは何でしょうか。

何か物事を考えるとき独り言のような声が頭の中で聞こえると思います。
それが思考です。

では、思考は何をしているのでしょうか。

思考がしていること

  • 意見する。
  • 推測する。
  • 判断する。
  • 比較をする。
  • 文句を言う。
  • 好き嫌いを言う。

このようなことを絶え間なく続けています。
この思考とは、自分の意識が使用しているツールのようなものです。
ですが、この思考というツールを本当の自分と誤解している人が多いのです。

思考というのはツールなのでいつでも意識的に停止できなければなりません。

思考を止める方法


思考を止めるには意識を100%今に集中して思考活動を遮断する必要があります。
意識的に頭の中の独り言をやめることです。今まで、絶え間なく続けてきたことを停止することは難しいと思います。
最初は、数秒くらいしか思考を止められないかもしれません。常に意識して自分の思考活動を自分の意志でストップできるようにしましょう。
もしこのとき「難しいなあ」、「本当にできるの?」って声が頭の中でしてたら思考が再開してしまっているということです。

思考活動が停止しているのは無心状態で、無心状態になるのは瞑想の極意ともいえます。この無心状態では、偉大な芸術家や科学者がクリエーティブなひらめきや洞察力を形にすることが知られています。

思考を止める必要性

それでは、なぜ自分の思考をコントロールできるようになる必要があるのかを説明します。
思考はツールとして非常に便利な反面、有害でもあります。その有害な側面を理解して、思考をいつでもコントロールしなければなりません。

思考の有害な側面って何?

心の苦しみとは思考が作っているということです。

具体的には思考が作り出している心理的時間が有害なのですが、それを説明します。
どんな種類の煩悩も心理的時間にとらわれ「いま」を否定していることが原因です。

未来における恐れの気持ち

  • 「不快感」
  • 「不安」
  • 「緊張」
  • 「ストレス」

過去における許せない気持ち

  • 「罪悪感」
  • 「後悔」
  • 「怒り」
  • 「不満」
  • 「悲しみ」
  • 「恨み」

心理的時間が『苦しみ』と『問題』の原因なのです。
心理的時間にしばられた自分の心は有害なのです。

すべての『問題』は思考が作り出す妄想ということです。

思考はいつも「いま」から逃げようとしています、時間にしばられた意識の状態を自由にするには、思考を停止して、意識をいまに集中することです。

人は「いま、この瞬間」を受け入れるしかありません。
「いま」が唯一の現実で、過去と未来は幻なのです。

煩悩は思考をコントロール(思考を停止すること)することで、頭の中から消えることはわかったと思います。
では、真理を理解できるっていうのはどういうことでしょう?

悟るとは思考を超えることです。
自分の思考を客観的に見ることができるようになると、
高次元の、思考をこえた知性の世界があることがわかるのです。

感情について


思考エネルギーが増大して表面化したのを感情といいます。
思考をコントロールすることは感情をコントロールすることなのです。

ぜひ、思考をコントロールできるようになりましょう。

おわりんこ・・・

おすすめ記事